【DBD】殺人鬼(キラー)おすすめパーク

スポンサーリンク

f:id:webrank:20180804112715p:plain

キラーが生存者を捕まえるために重要なのは何といってもパークです!

初心者必見のキラーのおすすめパークをランキング形式で紹介します!

おすすめパークランキングトップ10

※パークの効果内のカッコはパークレベル1/2/3での効果を示しています。

第1位 バーベキュー&チリ

パーク 効果
バーベキュー&チリ 生存者をフックに吊るした際に(52/46/40m)以上離れた生存者のオーラを4秒間視ることができる。
各生存者を初めて吊るした際に獲得ブラッドポイントが(15/20/25%)上昇する。

バーベキュー&チリ」の説明
 生存者をフックに吊るしたあと周りを見渡し、残りの生存者がすべて視えるかどうかを判断します。視えない場合近くまで来ている可能性があるので周囲を警戒しましょう。
強力な生存者探索効果と獲得BPアップの効果のセットなのでキラーの必須パークといえるでしょう。

第2位 呪術:破滅

パーク 効果
呪術:破滅 (2/3/4人)の生存者の発電機修理に対して2つの呪いを与える。
Good発生時:発電機の修理が5%減少する
Great発生時:発電機の修理進行ボーナスを0%にする

「呪術:破滅」の説明
 生存者はスキルチェックの度にグレートを出さなければ発電機の修理が減少してしまうため、修理までの時間が大幅に増加します。
また呪いのトーテムの破壊を狙ってくるため、生存者の動きを読みやすくなります。キラーの全パークの中で最も脅威となる強力なパークです。

第3位 呪術:誰も死から逃れられない

パーク 効果
呪術:誰も死から逃れられない 脱出ゲートが通電したとき、通常のトーテムどれか一つが呪いのトーテムに変化。
生存者を一撃で這いずり状態にでき、攻撃後の待機時間が(4/8/8%)減少し、移動速度が(3/4/4%)上昇する。

「呪術:誰も死から逃れられない」の説明
 このパークは脱出ゲート通電まで生存者に存在が気付かれません(※一部状況を除く)。
発動後は呪いのトーテムを破壊するまで生存者はフック救助が非常に困難になります。できるだけ呪いのトーテムの近くに生存者を吊るすようにしましょう。
基本的にどの殺人鬼で使用しても強力ですが、元から一撃ダウン技を持つヒルビリーカニバルよりもその他の殺人鬼での使用がおすすめです。
(※生存者側がパーティーであった場合、一人処刑した時点でこのパークの存在がバレてしまい、ほぼ発動が不可となるのが難点です。)

第4位 死恐怖症

パーク 効果
死恐怖症 すべての生存者は負傷・這いずり状態・フックに吊るされている生存者の数(※)に応じて修理・治療・破壊工作の速度が低下。
※人数と効果
【Lv1】1人:4%、2人:7%、3人:10%、4人:13%
【Lv2】1人:5%、2人:8%、3人:11%、4人:14%
【Lv3】1人:6%、2人:9%、3人:12%、4人:15%

「死恐怖症」の説明
 負傷状態の人数に応じて効果が上がるため、生存者側はフックからの救助や自分、または他の生存者の手当てを優先的にしなければなりません。
発電機の修理時間を奪うという点で非常に優秀なパークです。

第5位 選択は君次第だ

パーク 効果
選択は君次第だ 生存者がフック救出された時(48/40/32m)以上離れていれば効果発動。
60秒間フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にできる。

「選択は君次第だ」の説明
 フック救助時はキラーは基本的に負傷している救助された生存者を狙いますが、「選択は君次第だ」により救助された側と救助した側どちらを狙ってもいい状況を作れます。
この場合「選択は君次第だ」対象の救助した側を狙った方がよいですが、倒しやすい方を狙いましょう。

第6位 オーバーチャージ

パーク 効果
オーバーチャージ 発電機破壊アクション後に最初にその発電機を修理した生存者に対して効果発動。
その生存者は(少し/そこそこ/とてつもなく)難しいスキルチェックに直面する。
スキルチェック失敗:発電機の進行度が追加で(3/4/5%)減少する。
スキルチェック成功:ゲージ増加のボーナスが0%になる。

「オーバーチャージ」の説明
 破壊アクションを行った発電機で初回に難しいスキルチェックを生存者へ強制させます。スキルチェック失敗の爆発により位置の把握が容易となります。修理速度の減少と位置把握ができる強力なパークです。
生存者が発電機修理に慣れていない初心者の場合、このパークのみで完封できる可能性があります。

第7位 ずさんな肉屋

パーク 効果
ずさんな肉屋 ずさんな肉屋(Sloppy Butcher)
負傷・這いずり状態の生存者の出血量を(少し/そこそこ/かなり)上昇させる。
さらに、生存者に重傷効果(回復速度低下)を付与する。

「ずさんな肉屋」の説明
 負傷させた生存者の出血量を増やし、回復速度を低下させます。負傷状態が長引くことで生存者が不利な状況を作り出せます。死恐怖症と非常に相性が良く、併用することで生存者の発電機修理を効率よく遅延させることができます。呪いのトーテムが壊されると効果がなくなってしまう「呪術:破滅」よりも「死恐怖症」&「ずさんな肉屋」の方が遅延効果が望めます。

第8位 看護婦の使命

パーク 効果
看護婦の使命 (20/24/28m)以内にいる治療中、または治療を受けている生存者のオーラを視ることができる。

「看護婦の使命」の説明
 生存者はナースが接近している状態での治療が困難となり、負傷状態での時間が長くなります。いち早く傷の手当てをしたい生存者にとって、その行動を封じられる厄介なパークです。

第9位 囁き

パーク 効果
囁き 生存者が(48/40/32m)以内にいるとき、囁き声が聞こえてくる。

「囁き」の説明
 生存者が近くに隠れている場合、それを検知することで見逃してしまう確率が減ります。生存者にとって上手く隠れていてもバレてしまうという厄介なパークです。

第10位 観察&虐待

パーク 効果
観察&虐待 生存者を追いかけている場合、脅威範囲が(6/7/8m)増加。
生存者を追いかけていない場合、脅威範囲が(6/7/8m)減少し、視界が(少し/そこそこ/かなり)増加する。

「観察&虐待」の説明
 追跡中でないとき心音範囲が狭くなるので生存者に察知されづらくなり、視野が広がるので生存者の発見がしやすくなります。追跡中は心音範囲が増加するため発電機修理中の生存者に接近を錯覚させ、修理を遅らせられる可能性があります。
心音範囲の狭いシェイプとの相性が良いです。