【DBD】生存者(サバイバー)おすすめパーク構成

スポンサーリンク

f:id:webrank:20180407205825p:plain

生存者のパーク構成・Perkビルドの紹介記事です。
実践向きの人気がある強いパークの組み合わせをご紹介します

生存者パーク一覧はこちらをご覧ください。 www.game-mark.net

生存者Perkビルド

公式発表一番人気構成

セルフケア 決死の一撃 全力疾走 与えられた猶予
セルフケア 決死の一撃 全力疾走 与えられた猶予

生存者に必要なものが揃った定番の構成です。
一番人気なのも頷ける強パーク4セットなので困ったときはこの構成で良いと思います。
しかし器用貧乏な構成でもあるため、自分のスタイルに合わせて調整するのもおすすめ。

超初心者向け構成

セルフケア 共感 血族 身軽
セルフケア 共感 血族 身軽

始めたばかりで構成に困っている方におすすめしたいパークビルドです。
初心者にありがちな「殺人鬼にすぐ見つかってしまう」&「殺人鬼から逃げられない」という悩みを「身軽」で解決します。
最初に育てるであろうモレルのパーク+共有パークという構成なので組みやすいです。

オールラウンド型構成

セルフケア 都会の逃走術 ずっと一緒だ 自由枠
セルフケア 都会の逃走術 ずっと一緒だ 自由枠

初心者から中級者におすすめのオールラウンダーな構成です。
自然と組んでいたらこの構成になったという方も多いのではないでしょうか。
自由枠は自分のスタイルに合わせて足りないと思うものを追加しましょう。

チェイス特化型構成

セルフケア スマートな着地 決死の一撃 デッド・ハード
セルフケア スマートな着地 決死の一撃 デッド・ハード

逃げ切るのではなく長い時間殺人鬼を引っ張る構成です。
あえて殺人鬼に姿を見せてチェイスに持ち込んでもいいでしょう。
「デッド・ハード」と「決死の一撃」で負傷状態でも担がれてもチェイスを続けることができます。

チェイス逃げ切り型構成

セルフケア 都会の逃走術 しなやか 私と踊ろう
セルフケア 都会の逃走術 しなやか 私と踊ろう

「しなやか」と「私と踊ろう」の強力な組み合わせをメインとした構成です。
飛び越えで殺人鬼の視界から外れたと同時に足跡を残さず逃げ切ります。
チェイス時は「都会の逃走術」で移動しながら疲労を回復しましょう。

キラー探知型構成

セルフケア 警戒 予感 闇の感覚
セルフケア 警戒 予感 闇の感覚

殺人鬼探知に特化した構成です。
発電機の修理が完了した時と殺人鬼が破壊アクションを行った時にオーラが視えるため、高頻度で殺人鬼の位置がわかります。
更に「予感」で殺人鬼がこちらを見ているときも分かるため、いち早く逃げることができます。

対キラー型構成

セルフケア 都会の逃走術 魂の平穏 しなやか
セルフケア 都会の逃走術 魂の平穏 しなやか

「都会の逃走術」+「魂の平穏」+「しなやか」で幅広い殺人鬼に対応できる構成となります。
そこに定番の「セルフケア」で使いやすさをプラスしています。
しなやかはどの場面でも活躍しますが特にシェイプ戦で役立ちます。
またハグやドクターなどの対抗パークなしだと戦うのがきつい殺人鬼が相手でも困ることがなくなります。

発電機修理特化型構成

リーダー セルフケア 都会の逃走術
絆 リーダー セルフケア 都会の逃走術

「絆」+「リーダー」のドワイトセットで仲間と協力して発電機修理を効率よく進めます。
殺人鬼が近づいた際も発電機から離れることなく、都会の逃走術で隠れることができます。
発電機修理に重点を置きつつも必要最低限のパークが含まれた強力なパーク構成です。

救助特化型構成

セルフケア きっとやり遂げる 与えられた猶予 ずっと一緒だ
セルフケア きっとやり遂げる 与えられた猶予 ずっと一緒だ

「ずっと一緒だ」を入れることで救助と同時に獲得BPを大幅に増やすことができます。
獲得BP上昇効果が不要という方は「ずっと一緒だ」は自由枠としましょう。
救助成功率を高めることで脱落者を減らし、脱出率が高くなるので特化型の中でも特に強い構成です。

チェスト漁り特化型

こそ泥の本能 最後の切り札 賭け金のレイズ 調剤学
こそ泥の本能 最後の切り札 賭け金のレイズ 調剤学

「こそ泥の本能」でチェストが視えるため、すべてのチェストを開けて回りましょう。
「調剤学」により初回は非常用医療キットが確定のため、本来必須であるセルフケアの枠を他のパークにすることができます。
ソロだと低確率ですが構成が味方と被ったり、先に味方にチェストを開けられる可能性があるのでパーティー向きです。

弱音はナシだ特化型

弱音はナシだ デッド・ハード 逆境魂 痛みも気から
弱音はナシだ デッド・ハード 逆境魂 痛みも気から

「弱音はナシだ」を最大限に活かせるパークビルドです。
逆に言えば「弱音はナシだ」を使うときはこれ以外の構成はあまりありません。
ハイリスクハイリターンな上級者向けの構成です。

ソロ(野良)向け構成

セルフケア 都会の逃走術 血族 決死の一撃
セルフケア 都会の逃走術 血族 決死の一撃

パーティーを組まずソロで生存者をプレイする方におすすめの構成です。
血族を入れることにより「誰も助けに来ない」or「全員が助けに来てしまう」という連携が取れないことによるミスがなくなります。
「セルフケア」+「都会の逃走術」+「決死の一撃」という強力定番パークも含んだ穴のないセットです。

パーティー向けオーラ可視強化構成

リーダー 手札公開 血族
絆 リーダー 手札公開 血族

単体でも使える手札公開はパーティーで使うことで大幅に強力になります。
生存者側全員で手札公開を使うことで絆と血族の殺人鬼の視える範囲が32mも広がります。
使っていて楽しい構成でありながら、「リーダー」が入ることで実用的なパーク構成となります。